北村西望 作 聖観世音菩薩 ブロンズ像

35,000円(税込)

購入数

  • 在庫  残り1点です
北村西望 作 聖観世音菩薩 ブロンズ像
きたむら せいぼう せいかんぜおんぼさつ

さすが文化勲章作家の巨匠作品です。とても美しい聖観世音菩薩様です。
ブロンズ(銅)ですからズシリと重くとても立派です。
一家に一体仏像があるととても落ち着きますね。

高:35cm 共箱
箱に時代シミあり(骨董の世界では欠点ではございません)

中古品です。楽天で見ると新品は26万円程するようです。
※美術品に中古という概念はございませんが念のため表記。



​---------------------
聖観音(しょうかんのん)

梵名アーリヤ・アヴァローキテーシュヴァラ (梵: आर्यावलोकितेश्वर [Āryāvalokiteśvara]) は、仏教における信仰対象である菩薩の一尊。

正観音とも書き、六観音の一尊でもある。観音菩薩(観世音菩薩、観自在菩薩)像には、さまざまな形態のものがあるが、このうち、多面多臂などの超人間的な姿ではない、1面2臂の像を指して聖観音と称している。大慈の観音として、六観音の役割では地獄道を化益するという。もともとは「正法明如来(しょうほうみょうにょらい)」という仏であったが、衆生の救済のため人間界に近い菩薩の身となった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



​---------------------
北村西望

代表作に長崎平和公園設置の巨大像「長崎平和祈念像」、国会議事堂内設置の「板垣退助翁」などがある。文化勲章・紺綬褒章受章者、文化功労者。日本彫刻会では西望の功績を称え同会展覧会における最優秀作品に贈られる賞の名称を「北村西望賞」(西望賞)としている。

大正4年 第9回文展 初入選
大正7年 第12回文展「将軍の孫」出品
大正14年 帝国美術会員
昭和30年 長崎「平和祈念像」完成
昭和33年 文化勲章・文化功労者顕彰・日展創立
昭和40年 日本芸術院第一部長
昭和44年 社団法人日展改組、会長
昭和45年 社団法人日本彫塑会改組、名誉会長
昭和47年 長崎県島原城内に西望記念館完成
昭和49年 日展名誉会長
昭和50年 長崎県有馬町に「西望公園」完成
昭和52年 広島市中央公園 鯉「飛躍」設置
昭和56年 東京都青梅市御岳山頂「畠山重忠公像」設置
昭和62年 逝去 104歳