幻の人間国宝!江崎一生ぐい呑

0円(税込)

購入数
幻の人間国宝と呼ばれる常滑焼の人気作家、江崎一生作のぐい呑です。

共箱、共布、栞付。

無疵完器。ヒビ・欠けはありません。

口径:7cm 高さ:5.5cm



​---------------------
江崎一生 (えざき いっせい)

1918年 常滑に生まれ。

  在常滑焼とすれば朱泥の急須などが中心的であったが鎌倉〜室町
  時代にかけて焼かれた古常滑の灰釉及び自然釉の研究に生涯を
  費やしてガス窯と薪の併用によりその再現に成功。
  また、古常滑と現代的な造形を交えて戦後より日本伝統工芸展
  などに出品、日本工芸会会長賞、文部大臣賞などを受賞した。

1992年 没

  約10年間の闘病生活の末に74歳で没したが、没後もその功績と
  作陶技術から幻の人間国宝として高い評価と人気が続いている。